考える練習

舞台やイベントの感想など

<創作> 三日月の部屋を山姥切が掃除する話

※ステのお話ベースなので、pixivにあげるのもなんかな~と思い、ここに。
カップリング要素はないです。
※悲伝~慈伝の間の話。
※本丸お引越ししてません。
※慈伝が上演されたことにより、設定に齟齬が出てしまったので、そういうのは見過ごせる方向けです。


◇◇◇

手元のメモを見ながら、出陣の結果について報告する山姥切。
以前からきれいな顔ではあったが、例の件以降、顔が少し、凛々しくなった気がする。

「報告は以上だ」

負傷した刀剣男士は手入れ部屋へすでに連れて行ったとのことだったので、じゃあ今日はもうゆっくり休んで、と伝えると、ふいに山姥切の顔がぴりっと引き締まった。

「主、ひとつ頼みがあるんだが、いいか」
「どうぞ」
「三日月の部屋を、掃除してもいいか」

みんながなんとなく、触れないようにしていた。
久しぶりに聞く名前に思わずはっとした審神者を、山姥切の目がまっすぐに見つめている。

「もちろん、いいよ」

ありがとう、と伏せられた目には、何が映っていたのだろう。

◇◇◇

三日月の部屋の前まできた山姥切はそっと息を吐いた。ゆっくりと襖を開ける。閉め切られていたため、少しかび臭い匂いがする。

襖を全開にし、はたきを持って室内に入った。かすかに三日月の残り香がする、ような気がする。

向かって左に衣装箪笥、右手に書棚、真ん中には文机が置かれていた。箒を置いて、衣装箪笥から取り掛かる。上にうっすらと積もった埃をぱたぱたとはたきで落としていく。ふわっと舞った埃にあわててフードで口元を覆う。

次は書棚。上半分は磨りガラスの引き戸になっている。上の埃をぱたぱたとはたき、ガラスの引き戸は一瞬躊躇ったが、まぁ大丈夫だろうと見当をつけ、そっと開けた。大半は勉強会で使った資料だったが、合間に小咄集や艶話集などが挟まっている。じじいらしいな、と笑みがこぼれた。

本を少しずつ移動させながら、ガラス戸の隙間から侵入したほこりたちをそっとはたき出し、またガラス戸を閉めた。

文机に移る。筆が納められた箱の埃をぱたぱたと落とし、箱を持ち上げて机全体の埃を落とす。乾拭き用に布を持ってきていたのを思い出して、そっと机を拭いた。布をひっくり返し、もう一度、丁寧になぞる。掃除用具をいったん脇に置き、文机の前にちゃんと座ってみた。

(部屋にいる時は、いつもここに座っていた)

その場所に今自分が座っているのは、変な感じがする。

なんだ?と振り向く柔らかい笑顔。
おぉ、山姥切か、と少し驚いたような表情。

ふいに蘇った思い出にぼんやりした。

よくないかな、と躊躇いつつもそっと引き出しを開けてみると、そこには、どんぐりが入っていた。

転がってしまうのを防ぐためだろうか、柔らかい布の上に置かれているどんぐりは、20個ほど、どれもつやつやと光っている。

「山姥切さん?」

不意に声をかけられ、振り返ると部屋の戸口に小夜がいた。

「小夜」
「ここ……三日月さんのお部屋ですよね?」
「あぁ。掃除する許可を主にもらって入っている」

不思議そうな声に答えると、小夜がそっと部屋に入ってきた。物珍しげに見回している。

その様子がおかしくて、思わず笑いがもれた。きょとん、とこちらを見た小夜は開いたままの引き出しに目を止めた。

つつ、と寄ってきた小夜に見えるようにスペースをあける。座りながらのぞき込む小夜。

「どんぐりが入っていた」
「綺麗です」
「そうだな」
「……時々、拾ってましたね」
「うん」

よみがえる思い出に浸りながら、そっと引き出しを閉める。

畳を箒ではき、うっすらとたまった埃を回収。たいして物もないだけに、すぐに終わってしまった。

部屋を出ると小夜が戸口の脇に立って、庭を眺めていた。
まだいたのか、と少し驚いて足が止まる。

「山姥切さんに見つけてもらうのを待っていたような気がします」
一瞬、なんのことかと思った。
「俺に?」
「はい」

そう、なのだろうか。

「そうだといいな」
小夜の目がちら、とこちらを伺う。
「勝手に開けてしまったし」
ふふ、と声が聞こえた気がした。


◇◇◇
後書き
悲伝の2ヶ月後ぐらいにネタだけ思いついて温めてたら慈伝が来てしまった作品になります。見て三日月を思い出すものってなんだろうな~って考えてどんぐりをモチーフとして選んでたんですが、慈伝でどんぐりが思いっきりそういう意味合いで出てきてびびりました(笑)

出演情報整理 & 西田演出が楽しみという話

最近(でもなくなってしまったけど)、荒牧さんと猪野くんとで、立て続けに発表があって、制作とか演出とかごちゃごちゃになりがちなので整理メモ。(公演の期間順)

猪野くん

  • 「PERSONA5 the STAGE」

荒牧さん


西田(大輔)さん演出の2.5が好きなので、いつか荒牧さん出演してくれないかなぁと密かに願ってたんですが、ようやく!!来ました!! そしたら猪野くんも西田演出来ちゃったの笑う。なんなん急に。

殺陣舞台じゃないのが、個人的には惜しいな~~という感じではあるのですが(西田演出での荒牧さんの殺陣が見たかった…)、血界戦線はアクションあるはずなので楽しみ。

血界戦線はタイトルだけ知ってたので、バンダイチャンネルでアニメを少しずつ見ていってるんですが、なかなかにおもしろいのと、舞台化するにあたり、どの話をどう切り出すのかが想像つかなくて、どうなるんだろうなって想像を巡らせて楽しんでいます。

憂国のモリアーティも読んだことなかったので、とりあえずミュージカルを観ました。噂通り、ガチのミュージカル感がすごくて、素直にすごいなって思ったんですが、そっちが非常に好評だけに、舞台版、絶対比べられるだろうなと思うと今から若干心配です(笑)

悲伝について考えることは

追悼しているような感覚があるなぁと、最近思う。辞書によれば、「死者の生前をしのび、その死を悲しむこと」。何に対しての追悼なんだろうな。三日月がいなくなったこと、ではない。悲伝そのものに対しての、追悼。

私の好きだった刀ステが終わってしまったことへの追悼、かなぁと考えているのだが、それだけなのか、それだけじゃないのか。

なんとなく下り坂な気配を見せ始めたことへの先取りした死の予感。そんなものも含まれてるのかもしれない。彼の作品が、せめてあの人が出る間は持ちこたえてくれますように。

悲伝から伝わってくること

「三日月がやっていることは悪いことじゃない、それだけはわかってくれ」というメッセージはめちゃめちゃ伝わってくるのに、描写でそれが感じられない。という話をこれまで何度かしてきたのですが、そこから考えると、悲伝で一番伝わってくるのは「末満さんが三日月宗近を愛しているということ」なのかなぁという気がします (オタク的な意味ではなくて)。愛しているというとちょっと言葉が強いかな。大切にしているぐらいのニュアンス。そして、そのことに感動できる人が悲伝で感動できる人なのかもな、と。

そう考えると悲伝内で三日月がやっていることが実際どういう意図なのかが伝わらなくてもいいんだ、と言う人が擁護派にいるのも道理で、「三日月がやっていることは悪い意図に基づくものじゃない、として受け取って欲しい」というメッセージさえ伝わればいいんですよね。実際の行為がどう見えるかはどうでもいい、むしろ、実際にやっている行為が悪い意図を持っているように見えれば見えるほど、「でもそうじゃないことをわかってほしい」というメッセージは際立つことになる。

悲伝の三日月の行動の辻褄について考えていた時に、三日月に関しては「つじつまが合わない、どう考えても解釈できない箇所がある」のが正解なんじゃないか?と思ったりしたのですが、間違いでもなかったのかもなぁという気がしてきています。

刀ステ慈伝 日日の葉よ散るらむ 感想 (ネタバレあり)

東京公演と大阪公演、1回ずつ観劇しました。

冒頭10分ほど聚楽第についての映像。
山姥切長義が本丸にやってくることになり、なんとか山姥切国広にあわせまいと奮闘するメンバーと、別に気にすることないでしょ、というメンバーとの間ですったもんだが繰り広げられるコメディパートを経て、ご対面からのシリアスパート。長義の申し出により、本丸全体を使った大掛かりな手合わせをすることになるが、果たして結果やいかに…という内容。

コメディは何かが噛み合わないだけで悲しいことになる可能性がある、わりと難しいジャンルだと思ってるんですが、テンポや間合いが良い感じで、スベリ芸ではなく、ちゃんと中身を見て笑える感じで安心して見ることが出来、とても楽しかったです。

OPからわちゃわちゃしていてかわいかった~まさか内番衣装でOPスタートするとは思わなかった。アニメの表現手法を移植してきてるような感じの演出だったのもあって、より「花丸」感が。

特に好きなのが、長義が布をかぶった鶴丸を山姥切国広と勘違いするシーン。鶴丸がまんばちゃんの真似しだした時点でウケてたんですが、そこからどんどんテンポよく掛け合いが畳み掛けられるから、笑い死ぬかと思った(笑) 梅津さん、コミックリリーフ的な情けない声うまいですね。「その目、気に入らないな」「見てないだろお!?」のところとか大好き。

あと逆に長義が鶴丸と勘違いされるシーンも好きです。長義を見たまんばちゃんがさっと怒りの顔になるのに目を奪われる…という事情もあるのですが(事情?)、まったく状況がわからない長義がかわいそうでかわいい…笑 「へぇ…っ!?」とか心底情けない感じで好き。


大包平がただの馬鹿みたいになってるのはいいのか?とは思うんですが、全キャラそれぞれ持ち味出しつつ、どのキャラも均等に出番がある感じで、それでいてごちゃごちゃすることもなく、一つの話としてちゃんとまとめてきたのはすごいなと思います。始まる前はこんなに人数いて大丈夫なのか?と思っていて、実際全員舞台にいると多いなとは思うんですけど(笑)、あれだけいると、長義に対してのスタンスでもいくつかの派閥に分けて表現できるし、何より大勢でわちゃわちゃしていることで、彼らにも日常があることがよりリアリティを持って伝わってくる感じがあるので、これはこれでよかったなと感じました。


これまでは、基本的に敵を倒すという主線があるところに、その話にからめて刀剣男士の心情を描くという形でしたが、今回は刀剣男士の葛藤オンリーなので、そこに集中して見られるなと感じました。

「お前たちは手を出すな」からの山姥切同士での一騎打ち。この時のまんばちゃんの心情に関してはいろいろ解釈あると思うんですけど、私は悲伝でさっさと燭台切を止めるために刺した三日月を見てるだけに、極力斬らないようにしてる山姥切めちゃくちゃやさしいなと感じました。頭を鞘で殴ってる部分も、崩れてはいるけど、昏倒はしてないんで、おそらく手加減してるんじゃないかなと。蹴り飛ばしたりしてるとことか、絵面としてはエグいんだけど、実際は斬る方が圧倒的にダメージを与えられるはずなんですよ。でもそうしない。長義は動けなくなるまで向かってくるだろうなってなんとなく感じてて、付き合ってやろうって心情だったんじゃないかなと感じました。実際、もうどう考えても勝てないだろう状況でも「まだまだ…!」とばかりに立ち向かおうとしてましたからね、長義。負けん気の強さがすごい。

そういえばまんばちゃんが逆刃にしたの見た時に、練習として刀剣男士でやりあう場合も普通に切れる感じなのかっていまさらに驚きました(笑) 練習の時は斬れない仕様だからみんながんがんいってるのかと思っていた…。あっこれ普通に斬れるんだ!?っていうところから、上記の解釈に至った面もあります。


慈伝の感想見てるとけっこう賛否両論なんですが、「雰囲気がこれまでのシリーズと違うから無理、しんどい」という理由でイマイチと評価している人がいるのは興味深いなと感じました。話の内容がどうこうじゃなくて、そこが違うから無理というのがあるんだなぁ…と。作品としてどこまで許容できるかの違いなのかな。

役者が下手だから笑えない、って分析してる人もいたけど、個人的にはコメディパート、ちゃんと笑える間合いやテンポだと思うし、笑えないのは単純に今回の脚本の笑いが合わないんだと思う。


あ、それから会場替わり刀剣男士について。

初めに見たのは東京公演の小夜ちゃんなんですが、淡々と、でもぴしっと長義に「あなたが素晴らしいから写しを作ったんじゃないですか? 山姥切さんを侮辱することは、あなた自身を侮辱するのと同じです」って言う小夜ちゃんに最初の頃からずっと一緒の刀の絆みたいなものを感じて、ぐっと来ました。

大阪では骨喰でしたが、長義とのくだりはほぼ内容としては同じなんだけど、ちょこちょこ言葉の選択が変わっていて、へぇっとなったのと、小夜に比べるとふわっと浮いた感じというか、どこか超越者的な視点があるように感じました。そもそも顕現したのも比較的最近(いや、そうでもないか…? まぁ小夜に比べると…)ですし、まんばちゃんに対しての思いがあるからというよりは淡々と事実を指摘しているように感じられておもしろかった。

同田貫に対して、「ばみって呼び方はなんなんだ?」みたいに疑問を呈してたの笑ったwいまさら…?

記憶薄れちゃってるところもあるので、凱旋公演見てからまた記事書けたらいいな。

バランスが変わるかもしれない

AさんメインでIくんはゆるゆる追っかけてたんですが、そのあたりのバランスが変わるかも、という話です。(AさんとIくんって誰やねん、という方はカテゴリの人名を参照ください(笑))


Aさんの写真集&インタビュー発売記念イベントのチケ発がぽつぽつ始まってまして。で、わりと惨敗な感じなんですが、取れなかったがために気づいてしまったことがあって。私、去年のムック本のリリイベの時ほど、執着してないなって。

去年のテンションで逃してたら、胃の腑が燃えるような後悔に一週間ぐらい苛まれてたと思うんですよね。でも今回は直後こそ「くそぅ」とは思ったんですけど、その日が終わる頃には落ち着いてて。

そもそも発売開始前に、さて何冊買おうかなってなって、ここでこれ買ったらいくらで…ってノートに書き出してる段階で、「ここで5000円、ここで1万、うーんけっこういくなぁ」ってなりながら書いてて。最初の写真集の時も去年のムック本の時もあんまり考えずに買ってて、「よくよく考えたらけっこうな額だな!?」みたいな感じだったんだけど、今回は、この値段払って行きたい…?っていう迷いが生じてたんですよね。

取れなかった分に関しても気迫が足りなかったのも一因なのかな~という気がしてて。やろうと思えばどうにかできた余白がまだあったなぁとも思うんですよね。

茶の間が参加権GETしてるの腹立つみたいな気持ちはあるんですけど、そういうのをひとまず脇に置いて、純粋に「この金額払って、このイベントに参加したいか?」っていうの考えた時に、そうでもないなぁ…ということに気づいてしまった…。

剥がしめちゃくちゃ早いだろうなとか、だいたいどういう感じで返事が返ってくるか見当がつくようになってしまったこととか、これも一因かなっていうのはあるんですけど、最近Iくんでテンションあがる作品が続いてるところに、Aさんの方は今そこまでじゃないから、っていうのが大きいんだろうなぁという感じがしてます。

書いてて思い出したけど、Iくん関連でよかった舞台の記事、あんまりあげれてないから全然そのあたり伝わらないですね(笑)

二推し状態からAさんのほうが好きだなってなって約2年半、またバランス戻ってくる時が来るとは思わなかった…。

ただ、完全に軸足を戻すのはできそうにないかも…という気もしてます。というのが、Aさんの供給の多さに慣れてしまったので、Iくんの供給の少なさがつらいんですよね。稽古期間中は基本的にSNSの更新ないのはどっちも同じなんですが、Aさんは公演期間中は毎日ブログがあって、公演終わったら振り返りブログがあって、月イチでニコ生があるからそこでも公演の話が聞けて…っていう供給多すぎでは?レベルだったのに対して、Iくんは供給がとても…控えめなので…。めったに更新してくれない人に比べたら全然マシだと思うんですけど、Aさんのペースに慣れてしまったのでつらい。情報に飢える。

あとインタビューあっても、だいたい公演前なんで、公演終わって、振り返ってどうだったか?という話は基本的に聞けないんですよね。MoMの時とか、あんなに振り返りブログか振り返り配信が欲しいと思ったことなかったな…。接触で質問して解消できたポイントもあるんですけど、時間が限られてるから込み入ったことは聞けないし、本人が話さないと知りようもないこととかあるやん!?

まぁでも今の気持ちはそっちか~となったので、推しだから行くっていうんじゃなくて、自分の気持ちと照らし合わせて行きたいとこ行く感じにしようかな~とか考えてます。

悲伝 三日月の行動への解釈

ひどいことしてるように見える三日月をどう解釈し、どう受容するか?の話。いろいろ要素はありつつも、悲伝のメイン部分なので、ここで失敗すると「悲伝まじでクソだな」となってしまう部分。

どういう受容の仕方があるかなというところから考えたメモです。

「三日月はひどいことしてる!でもそこが最高!」

一番スムーズに受容できるパターン。なにしろ何の解釈もいらない。身近にこのパターンで解釈してる人がいないと、そんな人いるの?と思うと思うんですけど、私にアドバイスしてた人がこれだったんですよね。なので、います(笑)

私もまさかこういう解釈・受容の仕方をしてる人がいるとは思わなかったので、実はそう解釈していたと聞いた時は驚きました。道理で話が噛み合わない訳ですよ。

あと、この解釈の場合、「ひどいことしてるけどそこが"最高"」なので、感想としては「三日月尊い…」タイプと変わらない感じになったりします。なので、実はあの人もそう解釈してた…ということがありうるかもしれない。

「三日月はひどいことしてるように見えるけど何か理由があるんだ」

これが大多数かな~と思うんですが、ここでも2つパターンがあって、「何を意図してるかは全然わからないけど、きっと何か理由があるはず!」というので受容できる人と、たぶんこういうことなんだろうなぁという何かしらの理由が見つかってようやく受容できるパターンとがあるように思います。

三日月への好感度(もしくは演じる役者に対しての好感度)が高いと、何も見当がつかなくても、「きっと何か理由があるはず!」で受容できるんですよね。仲の良い友人がひどいことをしていたら、きっと理由があるはずなんだと思えるのと同じ。

この解釈もある意味、見たまま解釈に近いので、比較的スムーズに受容できるパターン。ネットにあがっている感想記事や私のTLでの反応を見ていても、三日月推し(or演じてる役者さん推し)の人ほどスムーズに受容している印象だったのはそういうことだろうなと思います。


最後は「わからないけど、きっと何か理由があるんだ!」では受容できない場合。私は三日月に対しての好感度がそこまで高くなかったので、理由なしでの受容は難しく、どう解釈するかで苦労しました。

ぼんやりと方向性の説明はあっても、細かい説明はない=丸投げなので解釈は人それぞれ。「まぁたぶんこういう理由じゃないかな?」と納得いく理由を各々見つけてそれに落ち着いている感じ。このパターンで落ち着いた人は、一回理屈を挟むからか、わりとフラットなテンションで感想書いてる人が多かった印象があります。


以下は、私の場合の話。

「未来を守りたい」というセリフがあるのと、悲伝が三日月の行動を肯定していることから、作り手側がどう受け取ってほしいかというのはわりと早くからわかってたんですけど、わかるがゆえに、一切説明がないことに観客への甘えを感じてしまって気持ち悪くて。「説明や描写はしないけど、こう受け取ってね☆」っていうメッセージだけがばりばりに伝わってくるのが受け入れがたくて、ううーんってなってました。

じゃあもう捨てればいいじゃん?って思うかもしれないんですが(実際言われた)、まだシリーズが続き、推しが出る以上、「凡庸な作品」ぐらいには昇格させておかないとしんどいので、がんばりました。記事あげつつ考えてきて、「こう解釈すれば一応筋は通るな」っていうのを見つけて、ひとまず落ち着いて。

この時に心底ほっとしましたね。これで三日月を嫌いにならないで済むなと思って。三日月自体には思い入れないんですけど(好きな人ごめん)、推しが演じるキャラが慕うキャラなので、この点に関しては末満さんがどう描きたいかに関係なく、三日月は賢いキャラであってほしいし、本丸のメンバを愛していてほしいなと思っていたので…。

その後で、「三日月の行動は慈愛に基づくものである」というのが演出で示されていることに気づいた時に、本当にこの苦闘が終わったというか、報われたような気がしました。

個人的には、穴埋めを見る側に丸投げしている時点で作品として評価はできないな~という感じですが(示した上で解釈を見る側に任せるのは別)、諦めないでよかったなと思います。