読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考える練習

舞台やイベントの感想など

荒牧慶彦イベント「まきば会 Vol.1」 2部 感想

9/17(!) に行われたイベントの感想です(笑)

1部の感想はこちら。
hirokuhukaku.hatenablog.com

当日券だったので最後列でしたが、思ってたより近かったです。表情は一応見える感じ。1部では荒牧さんが先に登場してゲストMCを呼び込み、でしたが、もう昼の部でばれてるので、ということで、ゲストMCの吉岡さん、土井さんが先に登場し、荒牧さんを呼び込み。昼の部も来たよって方~と客席に聞いたら、けっこう手あがってました。少なくとも半分はあがってたような。「よかった、先に出てきて(笑)」と安堵する吉岡さんw 荒牧さんの衣装は今度は白地の甚兵衛。

トークコーナー

終わってすぐにメモは取っておかないとだめですね。何話してたか全然思い出せない笑

これたぶん1部での話なんですが、テニミュの合宿の部屋割りの話で、なぜその部屋割りだったのか推察しだす3人がおもしろかった。
「◯◯と◯◯と◯◯が同室で…」
「あとたつなり」
「そうそう。あれ?なんでそこにたつなり?」
「ダブルスで対戦する人が一緒だったはず」
「あ、なるほど。…いや、俺違ったよ?」
「あ、じゃあ~~ってことじゃない?」
みたいな感じで膝突き合わして真剣に話しだして、わりとどうでもいいことに対して真剣に話してるのがなんかおもしろかった。

話の流れ忘れちゃったんですが、
吉岡「まっきーのファンが怖いわ~」
荒牧「えー怖くないよー。のほほんとしてる」
吉岡「え?w」
あれ?dis ってない?みたいになったの面白かった。そのリアクションに対して荒牧さんが、え、俺間違ったこと言ってないよ?って表情してたのがまた…。自分の描いた絵を見せた時とかでも、相手やお客さんが微妙なリアクションになってても、動揺したりしないの、地味にすごいなーと思う。自己肯定感が高いんだろうな…。

一部二部通して喋り方がすごくリラックスしてる感じで、座り方も足組んだり、ちょっと骨盤前にずらす感じのお行儀悪い座り方とかしてて、珍しいな~と思って眺めてました。

お絵かき対決

グッズの缶バッジに書いてあるものをあてるというクイズをやった後(グッズに何書いてあるかがクイズになるってちょっとよくわかんないよね…笑)、お互いにお題を出し合ってそれを描いてお客さんに当ててもらう、ということに。3人ともわりと画力がどっこいどっこいで(こら)、クイズとしては理想的な感じでした。

ゲームコーナー

今度はマリオカートで対決。
3人で同時対決すると、画面が4分割になってしまって見づらくなるだろう、ということで、太鼓の達人と同じく1対1で順番に対決していくことに。
マリオカートはやったことない、と言いつつも、すぐにハンドル型コントローラーの扱いをつかんでさくさくキャラやら車種やらを選んでいくまっきー。吉岡さん、土井さんが戸惑っているのを「こう、」と教えながら「おじいちゃんみたいw」「おじいちゃんが二人いるw」って言ってたのがなんか言い方がかわいかった。ふふ、って柔らかく笑いながら言う感じで。
ただ、その後のゲーム本番では、3人そろって初回はコースから落ちまくり、そのたびに大きくタイムをロスするので、CPUのキャラ含めて12人でのレースという体なんですが、人間2人での最下位争いみたいな感じに(笑) 落ちるたびに「あっ!」「なんで!?」と真剣に悔しがる荒牧さんが新鮮でした。なるほどこれは確かに相当な負けず嫌い…。普通の長机の上にテレビ置いた状態で、立ってのプレイだったので画面がいささか低く、両足を大きく左右に開いて立ってみたり、しゃがんでみたり、、といろいろなポーズでプレイしていて、甚兵衛着てるせいもあって、子供が遊んでるみたいでかわいかった。
最後にせっかくだから3人同時でもやりますか、ってなって3人での対戦になったんですが(それも吉岡さんが「じゃあそろそろ時間なので…」と締めかけたところを「これだけ、これだけやろ」って押し切ってやってたのがもうさー…kawaii)、まっきーが自分が大きく劣勢になるなり、「わー、あぶなーい(棒)」とか言いながら2人にぶつかって邪魔しだしたのは笑った。その行動に対して、2人とも「あっ、ちょ、」みたいな感じで特に怒らないのが普段の関係性を物語っているようでほのぼのしました。末っ子感って言ってるファンの方いたけど、本当それ…。

質問タイム

この質問タイムがどのタイミングであったのか忘れちゃったんですが(一番最後かな?)、その時に、「今パンツ履いてますか?」って質問した方がいて衝撃を受けました。誰が質問したのかわかる状況でそんなこと聞けるのすごくない?笑 荒牧さん本命じゃないのかな…それにしたってすごいけども。
荒牧「えっ!?履いてます!」「透けるかなと思って下に黒を着たんですけど(言い回し忘れちゃった。重ね履きしてるということ)」
その後、「なんか視線気になってきちゃった…」ってお尻から太もものあたりさすりつつ落ち着かなさげでした。大丈夫、大多数はそんなこと考えてもなかったと思う…。

チェキ

2部は最後列だったため、待機の時間が長かった…!昼の部で2時間かかったらしいと聞いて覚悟はしてましたが、本当に2時間かかった。その間ずっと撮るか喋るかしてる荒牧さんが一番大変だとは思うけども。本当お疲れ様です…。隣の方が話しかけてくださって、いろいろおしゃべりできて、それでだいぶ時間つぶせて助かりました。

あと、ロビーと出入りが自由だったのでお手洗い行ったり…*1。隣の方は開演前に物販並ぶ時間がなかった、とのことで買いに行かれたりしてました。開演前に物販でチェキ券買えなかった人向けに、チェキ券販売がこの待機時間中にあったんですが、スタッフさんがブロック単位ではなく、列単位でまわっていってたのが謎でした。あれ何か意味があるのかな?

1部の時は緊張しまくって、あわあわしてる内に終了した感じでしたが、2部はもう待つことで疲労してた(笑)のと、1部でどんな感じなのかわかったのもあって、それほど緊張せずにいどめてよかったです。ポーズ指定は直前まで迷いました。ハグがいいなぁと思いつつも、いや、でも、、ハグお願いするの恥ずかしい…と思って逡巡してたんですが、ちょうど私の前、数名が連続でハグで、この波に乗ればいける!(?)と思って、お願いしました。

「ハグで、頭抱える感じでお願いします」とお願い。まぁ要は頭に片手添えてほしかった(笑)「こうですか?」ってさっくりやってくれました。いやー、もーこれは、ちょーーー楽しかった!ふわふわしすぎて「はい」って返事するの忘れてた。

この時にふわっといい匂いがして、ちょっとぼーっとしたんですけど、はっ、そうだ、チェキ、と思い出してばっと顔あげるっていう…(笑) 一部二部ともに面倒な客だ…。

ふわっふわしたまんま、「イベント楽しかったです」って伝えて、「ほんとですか?」って返ってきたのは覚えてるんですが、あんまり表情覚えてないんですよね。ちゃんと見てなかったんじゃないかなぁって気がする。ただ、疲労とふわふわしてたのとでこの時は全然緊張してなくて、多幸感に包まれてたのを覚えてます。本当楽しかった。

*1:出入り自由なのは驚きだった。某声優さんの接触イベントでは「順番がくるまで絶対に席から動かないでください」って感じだったので…。