読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考える練習

舞台やイベントの感想など

バレンタインイベントなるものに参加してきました。(後編)

長くなったので昼公演と夜公演で記事分けてます。
バレンタインイベントなるものに参加してきました。(前編) - 考える練習

夜公演

エピソードトークで、収録時のエピソードを何かお願いします、と振られた猪野くんが「xxxx年に生まれまして、大阪(いや兵庫だっけ?)で生まれ育ち、○○に移動し、岡山に移動し、…(略)…そして中学受験をし、」という話をし始めて、結局つっこみで止められてたけど、あれもうちょっと聞きたかったなー。「この話聞きたい人ー」でぱらぱら手あがってたけど(私も上げた)、あれみんなわりとガチで聞きたかったのでは(笑) 本人は「いや、もういいでしょ(笑)」って言ってたけども。wikipedia とか見てもあまりそのあたりの情報がないんだよね…生い立ち情報ください…。猪野くんがちょこちょこ関西弁使うのにモヤッとしてたのがここで解消されました。

出演者からお客さんへの逆チョコ企画、選ばれた5人のお客さんは、昼と違い、5人とも別のキャストさんを指名。
他のキャストさんからの「ダンスで愛を表現してください」という振りにより、山沖さんがダンスを披露。キレッキレで美しかった…。お客さんへ後ろ向きにダンスしながら近づいていくとこはキレッキレであるがゆえに可笑しくてめっちゃ笑ったけど(笑)
猪野くんを指名した女の子は今日大学受験が終わったとのことで、「お疲れさま的なのがいいです」って言ってたんですが、他のキャスト陣により、せっかく高校の制服着てるんやしということで設定をいろいろ盛られ、卒業を機に告白みたいなシチュエーションに。
どう始めたものか悩む猪野くんに「今までありがとう」と女の子がナイスパス。会場も「おぉっ」みたいな雰囲気に。やっぱり相手も何かやってくれた方が役者さんもやりやすいよね。その後もまた猪野くんが悩んだところで「これから寂しくなるね」と良パス。そこから猪野くんけっこう喋ってたんだけど、忘れてしまった…(汗) 最後、猪野くんがぶっきらぼうに「受け取ってや!」とチョコを差し出し、受け取った女の子が涙ぐみ。司会の人も言ってましたけど、なんかドラマみたいでした。
女の子が涙ぐんだところで、猪野くんが「大丈夫?」って気遣う感じの表情になって、なんですかね、あの気遣う感じの笑顔ってキュンとしますね。

握手会&チェキ会

昼公演では事前購入したお芝居のチケットを持って行ったので握手会のみ参加可能だったんですが、当日イベント会場でお芝居のチケットを購入した場合は、握手会の券+チェキ会の券がもらえるようになってまして、せっかくなんでチェキも撮ってみようかなーということで、握手+チェキの列に並びました。握手のみの人が先なので、けっこう待ちましたね…1時間くらいかな。昼もそうでしたけど、猪野くんだけ列がすごかった。
待ってる間に冷えてしまったのか、すごい手が冷たくなってしまい、握手する時に思わず「冷たくてすみません;」って言ったら「あったかいでしょ」と返ってきて、なんだろう、乙女ゲーでキュンとくる気持ちがわかった気がしました。
昼と同じこと話すのもあれだなーと思ったので、薄桜鬼の殺陣がかっこよかったので、JYUKAI-DEN 楽しみです、みたいな話をしました。「薄桜鬼は手が早い殺陣なので、」って言ってくれたとこまでは覚えてるんだけど、その後何を言っていたか何故か覚えていない私…。どれだけ舞い上がっていたんだ。
チェキは普通にピースサインで撮ってもらいましたが、他の人見てると意外なポーズ指定もあったりして(敬礼とか、バキュンポーズとか)面白かった。もし次回機会あったらちゃんと考えて行きたいなー。