考える練習

舞台やイベントの感想など

悲伝が好きになれなかった女の話

悩み苦しみのたうちまわってる間、いろいろ相談したりしてた方もいたので、最終的に決裂するしかなかったのがとても悲しく申し訳ないなぁ、、と思うんですが、結局、悲伝に関しては、好きになれない部分をのけて、残った部分を愛するしかなくなってしまった。

いろいろ記事を書いてきたけど、これまで刀ステが好きでチケ取りもがんばってきただけに、「集大成」と銘打たれた作品が理解できないのが本当につらくて悲しかった。今まで刀ステを愛してきた気持ちごと否定されたようで、悲しくて悲しくてたまらなかった。

あと一番お金かかってたしね…(円盤先行)。ざっくり9万かな?かかってるんですよ、円盤代で。今回当社比わりとがんばってつむつむしたので。それでこれかぁ…というのもあった。

要は1回2万(以上)のチケ代払って、得たものがこれかぁ…というのが毎回あって、作品があってた時は気にならなかったけど、円盤先行ってそういう意味でもよくないなぁって今回思った。2万のチケ代の価値あるか?って言われたら、どう考えても13,000円ぐらいの他の舞台見に行った方がよかったなってなるもんな…。*1

まぁもう悲伝に関しては推しを見るためにチケ代と円盤代払ったんだなって思うことにしてます。推しにこれだけお金かけたぞって思うとニコニコできるタイプなので…(?)

好きな部分はいろいろあるんですよ。骨喰と義輝のエピソードとか、大般若さんがCVみきしんさんとか、鵺ちゃんがかわいいこととか、山姥切のべしょべしょの泣き顔とか、まるで救世主のような、神々しさを背負った山姥切の真剣必殺とか。

でもね、メイン部分がだめなんですよね。よさがわからない。他の人の感想を読んでも、どこがいいのか理解できるものがなかった。普通あわない作品でも、好きな人たちが好きな理由は理解できることが多いんですが、これに関してはそれが理解できない。そのために余計に不気味さが増している感じがあります。

どれだけ好きな要素があろうが、メインがあわないとだめなんだなっていうのは今回新発見ではありました。私はわりと見方が感覚的なので、気に入る要素をつなぎあわせて見てるんじゃないかなぁと自分で思ってたんですが、意外と物語全体をちゃんと見てたんだなと。そのおかげで今回はしんどかった訳ですけど…。推しが出てれば All OK なタイプになりたかった…。


もはやサビになってきている感じがありますが、悲伝に関しては、わからなさがめちゃくちゃこわくて、見るたびに不安と戦ってたし、あれだけの恐怖を与えてきた作品だから、何言ってもいいだろうと思っている節があります(結局はソフトな表現にしちゃうけどw)。それぐらいこわかったし、今でも「ちょっと難しいかもしれない」と聞くと、心がびくっとする。

例えて言うならルールのわかっていない試合に放り込まれた感じ。知っている競技だと思って参加したら、まったく知らない競技だったような。私の知らないルールが働いているのはわかる、けど、そのルールが何度見てもわからない。

自分の足元の地面がとけてなくなっていくような、先の見えない恐怖。わかったと思ったらまたわからない点が出てくる、ひとつつぶすたびにまた出てくる疑問点、影法師を追いかけるような、終わりのない鬼ごっこ。

このままでは気が狂う、と思って、無理やり考えるのを2日間やめたくらい、常に考えてしまっていたし、これ前も書いたけど、本当によく頭がおかしくならなかったなと思う。

その恐怖を乗り越えて、いろいろ観劇してみて、たぶんこのレベルにわからないのってこの作品ぐらいだろうなって感じがなんとなくしてきたので、そこまで構えなくても大丈夫かもしれない、とはなってきてるんですが、良くも悪くも忘れることはできないだろうな。

とりあえず末満さんとは解釈コードが違うんだろうなっていうのはわかったので、そこだけ気をつけつつ…。


結局のところ、どうにかして悲伝をまるごと好きになりたくて、なんとかできないか?と可能性を探ってしまうんだけど、また神経衰弱みたいになっちゃうからほどほどにしないとな…。しばらく情報遮断を検討したほうがいいかもしれない。。

……あ~~~~~もうまじで三日月が邪魔!!!!…動画編集のしかたを勉強した方がいいかもしれない…

*1:あと返金対応になっても円盤代は返ってこないし…