読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考える練習

舞台やイベントの感想など

写真集発売記念イベントの感想

6日、7日と、荒牧さんの写真集のリリースイベントに参加してきました。

5/6 トーク&チェキ @ポニーキャニオン本社1Fイベントスペース

まず6日のきゃにめのリリイベから。私が当選したのは1部でした。(3部まであった) 椅子ありだとキャパは150-170というレポを見かけていて、そのぐらいなのかなと思ってましたが、180人ほど入れていた模様。各所から寄せ集めてきたのか、椅子が4種類ぐらい混ざってたのがちょっとおもしろかったです(笑) 会場は完全フラットで、私は中ほどの席になったので見えづらいかなと危惧しましたが、ステージ上に用意された椅子はハイチェアだったので、上半身は見える感じで助かりました。

トーク&チェキ会で、まぁトークはいつもの荒牧さんでした(こら)。写真集の写真見ながらのトーク
色付きのサングラスってあんまりかけたことなかったので…って流れからの
荒牧「(映し出された写真を示しつつ) 似合ってますか?」
客席:(しーん…)
荒牧「!?反応がない!?」
はおもしろかった(笑) うんうん、みたいなリアクションすらなく、本当に無反応でした。こういうとこファンってわりと正直ですよね(笑)

トークが途絶えそうになるとすっと話題出してつなげるあたり、やっぱりこの人頭の回転早いよなぁと思って見てました。MCの方も撮影に同行されてたようで、そうなると同じエピソード共有してるのでいいですね。そういえばあの時…っていう引き出し方ができる。

何分から始まったのかちゃんと見てなかったけど、トーク時間は25分ぐらいだったかな。チェキの準備のためにいったんはける時に、入る時と違うとこをめくっちゃって、(あれ?壁?あ、こっちか!)ってなってたのはかわいかった。

で、チェキです。トーク終わっていったんはけてた荒牧さんを、司会の方が目隠しのパーティションを置く前に再度呼び込んでくださったんですが、チェキ用に並べられた椅子に座る時に、お客さんが座る方の椅子にちょっと近づけつつ座っていたのはさすが。

その状態でパーティションがごろごろとステージ前に送られてきたんですが、隠れちゃうまでの間、荒牧さんが両手でお手振りしてて、お客さんと手を振りあってる様子はとてもかわいかったんですけど、その前をパーティションがだーって通るのですごくシュールでした(笑) ちょっと笑いも起きてましたね。

2つのパーティションをドッキングして目隠し設置完了。…と思いきや、上からにゅっと顔を出す荒牧さん。客席を見渡して、「進撃の巨人みたいですね」。自由か(笑) いたずらっこのような笑顔でとてもかわいかったです。

チェキ始める前にMCされてた方から注意事項の説明があって、ポーズ指定不可、とのことだったので、その場合によくある、触れ合わない距離で立ってピースみたいな感じかなと思ってたんですよ。まぁ椅子近づけて座ってる時点で距離は近いんですけど(笑)

順番が近づいてきて、パーティションの中が見える位置まできてびっくり。

肩抱きとか恋人繋ぎとかしてるんですが…!?

本当に、ただこちらからの指定ができないだけで、いつものチェキでした…(笑) 要するに「おまかせ」じゃんwwってイベント参加したことある人たちが口を揃えて言ってておかしかった。初イベだったり初チェキだったりした人たちの動揺したツイートがちらほら見受けられたのも面白かったです。いやでも何も知らずに来てあれはびびるよね。

ちなみに私は恋人繋ぎとピースだったんですが、ここに手置いてって感じでパーの形で出された手に、(自分から手を置きにいくの!? ひいい) とめちゃくちゃびびりながらなんとか手を置いたことしか覚えてなくて、どう促されたのか覚えてないっていうね…(さすがに無言ではないと思うんだ…)。テンパって飛んじゃうのいつものことだけど本当もったいない。

2部ではチェキ始める前に荒牧さんから、こんな発言があったようで。


驚くなっていうのは無理だと思う…(笑)

チェキを撮った後は少しだけお話もできました。私のしゃべりだしと荒牧さんの質問がバッティングしてしまい、あわあわしながら返答したのですが、「〇〇…?」と言いかけたことを促す表情がとてもよかった…ので結果オーライ(?)。

この日はとてもお顔が綺麗で(いやいつも綺麗やろ?というのはその通りなんですが)、衣装が上下白だったのもあって、天界から遣わされた何かなのでは…?とか思ってしまった。

そういえばチェキ撮る時って荷物預けますけど、スタッフさんのバケツリレーによって、撮り終わる時には荷物もそっちに移動している、、という風になっていて、こういう運用方法もあるのかと興味深かったです。



5/7 サイン会 @アニメイト新宿店イベントスペース

こちらも3部制でした。
列数は9列、横はきっちり数えてないのですが、15ぐらいだったと思う…ので各部130人ちょっと入っていたことになりますね。

若手俳優さんのサイン会には参加したことがなかったので、これまでアニメイトで行われたサイン会のレポを調べたりしたんですが、あんまり喋る時間なかったみたいなのが多かったので、そんな感じかなぁと思ってました。

ところが、サイン会前の挨拶で「直接話せる機会を大事にしたいと思ってるので、二言三言四言五言六言と(笑)お話しましょう」とまさかのご本人から提案。とはいえ始まるまでは半信半疑だったんですけど、パーティションの向こうからほんのり聞こえる会話を聞いていると(喋ってる内容自体はほぼ聞き取れない)、本当にけっこう喋れる感じ。

どうするかかなり真剣に考えましたね。結局質問にして、なんとなく気になってて機会があったら聞きたいなと思っていたことについて聞いてみました。剥がしの人がいない上にスタッフさんの促しがなくて、もういいかな?ってタイミングで荒牧さん自身が写真集を渡して終わりって感じだったので、とても落ち着いて会話できてすごく満足度高かったです。

私は8列目の前半だったので、だいたい105-110番目くらいだったのかなと思いますが、順番来るまでに40分ほどかかってましたからね。そこまで丁寧にやることは別に求められてないだろうから、本人提案でそういう形式にしたんだろうなって勝手に思ってるんですが、だとしたらサービス精神がすごい。

個人イベントのチェキの時でもちょっと会話できますけど、あれってあくまでもオマケって感じじゃないですか。今回、話しかけてくださいねって言ってもらったことですごく楽に質問できて、丁寧に対応すること自体もすごいですけど、その配慮がすばらしいなと感動しました。