読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考える練習

舞台やイベントの感想など

ハイステはどこへ向かおうとしているのか

初演、再演があまりにも好みすぎたので、期待値があがっていたのかもしれない。新作、楽しみにしていたのだけど、見た感想は「なんか…微妙…」だった。

音駒と伊達工の演出自体は、私はあれはあれで各校の特色がわかりやすくていいと思うんだけど(ただラップは聞き取りづらいなと思った)、肝心の話の流れがわかりづらいように思う。

まず、舞台上で、今どこを見るべきなのかがわかりづらい。初演再演の時も、だいぶわちゃわちゃしていたけど、今はここがメイン、っていうのはわかりやすかったように思うんだけど、今回のは今どこを見るべきなのかがわかりづらいシーンが多かった印象。音駒と伊達工のキャストが比較的経験浅いキャストが多いのも関係してるのかなぁ…。

それから、重要なセリフやシーンがさらっと流されている気がした。なんかこう、もうちょっとスポットをあてるというか、実際にライトをという意味ではなく、今、これ重要ですよ!っていうのをわかりやすくしてほしい…。伊達工戦とか、旭さんのトラウマを克服する重要な回のはずなのに、あんまりその印象がない。伊達工のダンスとラップにすべて持っていかれている(笑)

東京公演での座席は幸運にもわりと近い席が多かったので、それでキャストに目がいっちゃって、あんまり全体として見れてないのもあるのかなぁとも思うんですけど。とりあえず現時点での感想メモ。

細かいとこでここよかった~っていうのはあるんですけどね…。

今度、大阪公演では3階席からの観劇になるので、そこでまた印象変わったら書きたい。