読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考える練習

舞台やイベントの感想など

「応援」って考えるとしんどくなる

他の方々のエントリ読んでると、私のスタンスって「応援」じゃないなとつくづく思う。

複数回入るのは別に推しくんのためじゃなくて、私が見たいから。ブロマイド買うのも別に推しくんのためじゃない。私が欲しいから買う。それだけ。

推しくんのために、って考えるとすごくしんどくなるんですよね…。だから、公演いまいち埋まってなくても、自分が回数増やしたい、と思わない限りは見ない。単にチケットが余ってるから、という理由だけでは、基本的には行かない。

手紙に関しては、ちょっと応援という要素もあるかな。ここにファンがいますよってことが伝わればいいなと思って書いてる。でもこれも、自分の書きたいって気持ちが優先。そこまでささらない時とかは無理しない…。

推しくんが望む未来みたいなものがあるとして、そこに近づいていけたらいいねとは思ってるけど、そのためにできるだけの努力をしますよ!みたいな気持ちは正直ない。たまに、"そのために応援しよう"みたいな気持ちに一瞬なることもあるんだけど、考えただけでしんどくなってやめる(笑) いやいやいや、なんで他人のためにそこまでしないといけないんだよ、みたいな気持ちになるというか…。

…私、推しって言っちゃいけないんじゃないかって気がしてきた(笑)

あ、でもこれが私の中での線の引き方なのかもしれない。その人のためにやるってなると、見返りを求めてしまうから、そうならないように、手前で止めてるのかも。