読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考える練習

舞台やイベントの感想など

どれだけがんばったのかなってつい考えてしまう

若手俳優

人気舞台の当落発表があると、当落に関するツイートがTLにも流れてくる。「行きたい(涙)」みたいなのを見ると、つい、どれだけがんばったのかな、と考えてしまう。

「落選~ですよね~」みたいなのは別にいい。私も人気作品にとりあえず応募してみて、もし当たったら行こう、とかやるし。ただ、それで外れた時に「行きたかった…」みたいなツイートはしない。本気で行きたいならもっといろいろやれることはあるから。それを自分はやっていないから。

うっかり当たりすぎても困るから、倍率の読みが必要で、その読みには経験が必要ではあるけども、お譲り希望のリプライで、「初演からまだ1回も行けてなくて…」とか見ると、何してたの?って考えてしまう。じゃあ、初演の時も倍率高かったの知ってるよね?どれだけの額で転売されてたか、知ってるよね?って。実は数十人に頼んで全滅でした、とかなら申し訳ないけど、それならそっちを書くよなぁって気がして。

ただ舞台を見に行くためにそこまでの労力が必要なのがそもそもおかしいと言われればその通りなんだけど…。

まぁあと正直、先行の段階でがんばる方が、ツイッターにはりついて譲渡ツイに片っ端からリプ飛ばすより楽だよなって思う…。

……ここまで書いてて気づいたけど、そういう人たちがそれほどがんばらないおかげで今程度の倍率で済んでいるとも言えるな…。そう考えるとむしろ感謝すべきなのかも…?