読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考える練習

舞台やイベントの感想など

一推しと二推し問題

二推しの宿命 - STELLA

こちらの記事、「わかる…わかる…」ってなりながら読ませていただきました。ファン歴は全然ぺーぺーではあるのですが、私も最近この点についてもやもやしていたので、自分の気持ちの整理がてら、記事書いてみます。

※私も便宜上、最初に追い始めた方を一推しくん、後から追い始めた方を二推しくんと呼ぶことにします。

最初は一推しくんだけを追っていました。いろいろ他の舞台も見て、この人いい役者さんだなと思うことはあっても推しにまでなることはなく、半年ぐらいかな?平和に一人だけ追っかけていたのですが、とある舞台で二推しくんのことが気になり始め、そして、一推しくんと共演していた舞台で、二推しくんのことを好きになりました(その時点ではどちらかというと、二推しくんが好きというよりは演じてたキャラが好き、ではありましたが)。

まぁでも一番は一推しくんで、二推しくんは二番。と思ってたんですが、ちょうどそのあたり以降、一推しくんの仕事のペースがのんびりになり、
一方で二推しくんはいろいろ仕事があって。

きっかけとなった舞台以降、現時点までのお仕事は、一推しくんは舞台、リリイベ、個人イベント、トークイベント。二推しくんは映画の舞台挨拶、 舞台、(ミュからの派生の)ライブ、個人イベント、リリイベ、ゲームの宣伝用の舞台。しかも二推しくんはニコ生やってて最低月一はそこで姿が見られる。しかもお酒飲みながら放送やったりするんですよ…ほろ酔いの姿はギルティ…

接触の機会に関しても、リリイベはどちらもハイタッチありで同じだったんですが、個人イベントでの接触が、一推しくんはハイタッチで一言二言は喋れるかなってところ、二推しくんはチェキで、多少ゆっくり喋れるっていう…。あとライブで幸運にもハイタッチできる席だったのでそれも大きいな。あれはテンションあがった。

見る機会が多いと必然的に考える時間もそっちのが長くなるし、つぶやきもそっちの方が多くなるし。で、なんかわかんなくなってきました。今はどっちが一番とかなくてどっちも好き、かな、、って気がしてます。それと、一推しくんの次の次の舞台が例のしんどい舞台でいまいち気分が乗らないところへ持ってきて、トレカ発売が決定したのも大きいですね…。写真集かカレンダーがよかった…。本当トレカどうしよう。

上で書いた期間はお仕事かぶらなかったので平和だったんですが*1、次の舞台が二推しくんの舞台が終わるあたりで一推しくんの舞台がスタート、と微妙にかぶっていまして。まぁ、二推しくんの舞台の千秋楽はそもそも声優さんの朗読劇に行く予定なぐらい*2なので、それはいいんですけど、一推しくんの舞台の楽日と二推しくんの事務所イベントの日取りがかぶっていまして。原作が好きな舞台なので、ライブビューイング見に行くつもりなんですよね…。でもイベントも楽しそうなので行きたい…。イベントの方はまだ時間出てないんですが、切実に時間かぶらないでほしい。

推し二人が共演したら問題は、すでにきっかけとなった舞台で「目が足りない…っ!」ってなって体験済みではあります…(笑) どちらもたぶん認知はされてないし、されるとしてももっと先だろうと思うので、もし共演したとして、気まずさはないかなと思います。複数回行くだろうし、「今日は○○くん見よ」って感じになるんじゃないかな。でも結局、より好きなキャラの方をずっと見ちゃいそう。。

ファンなんて軽佻浮薄なもので、それでいいというか、それが健全だとずっと思ってたんですが、いざ自分が心変わりとも言える状況になるとけっこうとまどいますね。もともと一対多の関係性なんだから操を立てるみたいなのは必要ないのになー。なんなんだろうな、難しい。

*1:って書いてて思い出した、二推しくんの舞台の千秋楽(地方公演)と一推しくんの舞台の東京公演かぶってて一推しくんの方行ったんだった。ただ、地方まで行く気がそもそもなかったので自分的にはかぶっていた意識がなかった(笑)

*2:朗読はその日しかやってくれないから…