読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考える練習

舞台やイベントの感想など

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」感想

舞台

ハイステの感想をちゃんとどこかに残しておきたいと思って、書いては消し、書いては消ししています。
とりあえず演出面で好きなとこを書いてみる。


プロジェクションマッピングめっちゃ使う
漫画のキャラ絵使うの面白い。これは初なのでは?床やネットも使って、キャラ名投影したり、セリフ投影したり。たぶんこのあたりの印象のせいで、初回鑑賞時、お芝居を観たはずなのに、映像作品を見たような印象が残り、不思議な感覚でした。ただ、席が前方だと床に投影された分はほぼ見えない。日向が寝転がってスパイク打つとこはたぶん後方からだと映像とあいまって見えるんだよね…?明日のライビュに期待。

心情表現とリンクさせてるとこ好き
「トスをあげたところに誰もいないのは心底こええよ」で影山の足元が崩れ落ちる描写、苦しそうな演技と相まってとても見ててつらくなる。こっちまで深い奈落の底に連れてかれるような気になりますね。けどだからこそその後の日向のセリフが生きるんだろうな。
西谷がモップたたきつけでガラス?が割れるところも新しいなーと思った。これは心情じゃなくて実際ガラスが割れるシーンなんでしたっけ。
あと旭さんを変人コンビが説得するシーンの、心情を雨で表現してるとこですね。見に行かれた方の感想で気づいたんですが、ここ、最初は雨降ってて、東峰がもう一度バレーしたい、となったところで晴れるんですよね。
映像で水たまりを表現したりするあたりもあまりみない感じの映像の使い方で好き。

ボールの動きの縦横無尽さ
リアルボール、架空のボール、棒つきボール、映像のボール。
テニミュ方式でいっさいリアルボール使わないと思ってたので、けっこう使うんだなーと意外に思いました。
リアルボールでアップとしてパス練やってるとこがなんか好き…。特にばたばたせず普通にパスが続いてるの見て、みんな相当練習したんだろうな…としみじみ。影山・田中・縁下の3人でセンターでパス練するとこがあって、影山田中の二人が本当にうまくて見とれてたんですが、あそこでやるから人一倍練習したのか、上手いからそこ担当になったのか、どうなんだろう…笑

バレーの動きを取り入れたダンス
人によって好み分かれそうだなと思いますが、私あのダンスシーン、すごく好きです。群舞かっこいい。
バレーボールのルールよくわかってない人が見たらどこまでがバレーの動きでどこからが違うのかわかんなくて混乱しそうだなと思いましたが、バレーの試合をリアルに再現したってしょうがないもんねぇ。それなら本物の試合を見た方がいい。

なんでいる!?からステージがまわり出すとこ
もうねぇ、ここ本当好き。毎回、わかってるのに回りだした瞬間、すごいテンションあがる。ここから物語が始まるんだ!って感じが好きです。
この後タイトルコールとキャラ紹介が入るってことは実際、そういう意図で演出してるんですよね、おそらく。アニメでいうならアバン部分。ってことはトイレ休憩がCM休憩か、というのは考えすぎ?w

青城の演出いちいちかっこいい
烏野びいきの私はつい、青城の演出いちいちかっこよくないか?ずるい!とか思ってしまう(笑)。練習試合が決まった時のキャラのチラ見せのとことか…。

客いじりの是非
お客さんに拍手促したり話しかけたり、私は面白いなと思って見てたんですが、ツイッターで検索してると現実世界に引き戻さないでほしいみたいな意見もちらほら発見しました。
お客さんに話しかける系のは、オフマイクでやられると後方の人にとっては何やってるかよくわからんという難点はありますね。矢巾がナンパしてるのは他の方の感想で知ったし(笑)


全体に映像表現が床まで見えて完成形な部分が多く、ライビュ向きだなと思うので、各地ごとの楽日にライビュしちゃえばよかったのに…とか考えましたが、やっぱり難しいのかな。
ひとまず明日のライビュ楽しみです。

そして、次回あるの期待してる!