読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考える練習

舞台やイベントの感想など

11/23(月祝)夜公演 ハイステ メモ

舞台

11/18夜公演の分も少し混じっております。
23日は2回目なこともあってスガさんを意識して追っかけてたので、スガさんに関するもの多め。
あと時系列がわりとぐちゃぐちゃです…;


田中「潔子さ~ん!っていねぇ~~!」
縁下、スッと田中の方へ向き直り、「俺がいるよ(イケボ)」

スガさん、田中の頭を両手でなでなで(というかいじいじ)からの、二人で猫パンチのシャドウボクシングみたいな動きしあってたのかわいかった…

変人コンビがいうこと聞かずに勝負始めようとしてるのに対して、荒ぶる大地さんをなだめるスガさん。
18日は最終的に「ヒッヒッフー、ヒッヒッフー」となぜかラマーズ法にwたぶんそのせいで変人コンビがわりとシリアスな芝居してるのに笑いが起きてた。
23日は振り上げる拳を抑えたりという動きは一緒ながら、最終的ななだめ方が、両手で上から下になでおろすような、(落ち着かせようとする時よく漫画で出てくる感じ)の動きで、落ち着いた感じに。

試合シーンかっこいい。ダンスがシンメトリーになってるの気づかなかったので、次はよく見る…

ベンチ組になった菅原縁下が舞台後方で他のメンバの動きにあわせて左右にカニ移動してんのかわいい。

青城のアップ
円形にぐるぐる回りながらバレーボールでキャッチボール。
???「押忍しか言わないのな」
笑ったw

青城との練習試合ができることに。
練習試合の条件が影山をフルで出すこと、と聞いた時のスガさんの表情がなんともいえない表情。
笑顔がふっと固まって、切なかった。

縁下ダンボールにハマる

烏養さんにかかってくる電話
「What kind of color do you like?」
烏養「こういうパターンもあんのか!うえ、えーと、」

ベンチメンバーかわいい
常に応援したり何か隣としゃべったりして動いてる。
烏野が勝った時にスガさん拳つきあげ、山口も。
そのあとのしかかる山口につぶされ、なぜか山口をおぶって退場w

ジャンプしてハイタッチしあうベンチ組
原作の片足あげてハイタッチするやつもやってた。

変人コンビが速攻をあわせようとするところで、まったくあわせられない日向に対していらつく影山に、スガさんが「影山!」と呼びかけるシーン。
見ていられなくて、つい声を出してしまった、そんなせっぱつまったような感情がこもっていて、すごく心に響いた。

青城との練習試合。プレッシャーから緊張し、とんちんかんなプレイを連発する日向に影山がいらいら。
影山「その緊張、どうにかしろ!」
菅原「好きで緊張してんじゃないだろ!」
ここはしびれた~
ちょっと怒りの成分が多すぎかな?とは思ったけど。

スガさんがふっとばされるところが2箇所。
変人コンビがもめてるの仲裁しようとしてふっとばされる、のと烏養さんにふっとばされる(ここは話の流れ的には余分…な気がする…)。最初アドリブなのかと思ったら2回目もほぼ同じ感じでふっとばされてて、あ、日替わりとかではないのねってなった。まぁああいうのを突然やったら危ないよね…

旭vsスガ
旭さんがカバンを取って帰ろうとするところで、スガさんがカバンつかんで引き止める。
18日はがしっとつかんでそのままカバンを2回机にばんばんって感じで叩きつけて、旭さんが「ごめん」と手を離す。
23日はつかんだカバンをそのまま奪い取ってたw
旭「…(スガさんを覗きこむようにしつつ)怒ってる?」
菅原、カバンを机に叩きつける。
旭「…はい」
あと、すごくどうでもいいけど、23日の回で、旭さんがさっと取って帰ろうとできるようにってことだと思うんだけど、スガさんが机を回り込みながらカバンにさっと手を添えてちょっと向きを変えてて、慣れてる感になんかときめきました。。


2回目見てみて、初回は筋を追うのに必死でいろいろ見れてないとこがあったということに気付きましたね…。これまで同じ芝居を2回見たことってなかったので、見えるものが増える感じがすごく新鮮でした。