考える練習

舞台やイベントの感想など

ようやくすっきりした…

年数がたっただけでは心理的に成熟はしない、というのがTRUMPシリーズでは残酷に描写されてるなと思うんですが、これたぶん悲伝も同じなんですよね。三日月は刀だった時に長い年月をすごしてますが、それだけでは成熟はできない。できなかった。なので、歴史…

一年おやすみ

inくんに続いてarmkさんまで「ダンディーな大人になりたい」と言い出し、ダンディーという言葉にはアラサー男子の心を掴む何かがあるのだろうか…と思い悩む日々です、こんばんは*1。 …ということで(?)、来年1月1日から一年間、俳優オタ&観劇オタをお休みし…

語りに癒やされる - 映画「サウナのあるところ」感想

こちらの記事を見て気になったのと、 saebou.hatenablog.com若手俳優ってやたら風呂とかサウナとか行くよなぁと思って何かヒントというか理解する糸口になるかなと思って見に行ってみました。まず映画自体の感想を述べると、本当にただおじさん達が語ってい…

「令和の白馬の王子さま、猪野広樹です」- バースデーイベント2019「イノcence ~Enormous~」レポ&感想

猪野くんのバースデーイベントに参加してまいりました!楽しかった~~ので感想をば。1部2部まとめて、思いのままに書き綴ったら8000字を超えました。長い。会場は有楽町朝日ホール。座席配置はたぶん一番キャパ広いパターンだったと思うので、キャパ772人。…

「自明の理」があるのかもしれない

TRUMP シリーズと悲伝共通で、末満さんとそれらの作品が刺さる人にとっては「自明の理」なので描かれていない大前提があるんじゃないだろうか?という話です。※これが正解だ!という意図ではなく、全然ドラフトです。文末にお題箱のリンクをはって意見・アイ…

<創作> 三日月の部屋を山姥切が掃除する話

※ステのお話ベースなので、pixivにあげるのもなんかな~と思い、ここに。 ※カップリング要素はないです。 ※悲伝~慈伝の間の話。 ※本丸お引越ししてません。 ※慈伝が上演されたことにより、設定に齟齬が出てしまったので、そういうのは見過ごせる方向けです…

出演情報整理 & 西田演出が楽しみという話

最近(でもなくなってしまったけど)、荒牧さんと猪野くんとで、立て続けに発表があって、制作とか演出とかごちゃごちゃになりがちなので整理メモ。(公演の期間順) 猪野くん 舞台「血界戦線」 公式サイト https://www.marv.jp/special/s-kekkaisensen/ 主催:…

悲伝について考えることは

追悼しているような感覚があるなぁと、最近思う。辞書によれば、「死者の生前をしのび、その死を悲しむこと」。何に対しての追悼なんだろうな。三日月がいなくなったこと、ではない。悲伝そのものに対しての、追悼。私の好きだった刀ステが終わってしまった…

悲伝から伝わってくること

「三日月がやっていることは悪いことじゃない、それだけはわかってくれ」というメッセージはめちゃめちゃ伝わってくるのに、描写でそれが感じられない。という話をこれまで何度かしてきたのですが、そこから考えると、悲伝で一番伝わってくるのは「末満さん…

刀ステ慈伝 日日の葉よ散るらむ 感想 (ネタバレあり)

東京公演と大阪公演、1回ずつ観劇しました。冒頭10分ほど聚楽第についての映像。 山姥切長義が本丸にやってくることになり、なんとか山姥切国広にあわせまいと奮闘するメンバーと、別に気にすることないでしょ、というメンバーとの間ですったもんだが繰り広…

バランスが変わるかもしれない

AさんメインでIくんはゆるゆる追っかけてたんですが、そのあたりのバランスが変わるかも、という話です。(AさんとIくんって誰やねん、という方はカテゴリの人名を参照ください(笑)) Aさんの写真集&インタビュー発売記念イベントのチケ発がぽつぽつ始まってま…

悲伝 三日月の行動への解釈

ひどいことしてるように見える三日月をどう解釈し、どう受容するか?の話。いろいろ要素はありつつも、悲伝のメイン部分なので、ここで失敗すると「悲伝まじでクソだな」となってしまう部分。どういう受容の仕方があるかなというところから考えたメモです。 …

悲伝の気になる点について、あらためて考えてみる

悲伝で考え続けたおかげで、「ここおかしくない?」という点に以前より気がつくようになったんですが、それでわかったのが、大抵の物語ってどこかしらおかしい点があるものなんですよね。もしかしたら、100点満点、一切のつっこみどころがない物語というのも…

「クロードと一緒に」 Blanc ver./Cyan ver. 感想

Blanc バージョンと Cyan バージョンを見たのでその感想です。公式サイト Being at home with Claude -クロードと一緒に- 公演は4/28(日)まで。 Blanc (松田凌主演) 感想 劇場は横浜赤レンガ倉庫3Fのホール。駅からちょっと歩くんですけど、周辺の雰囲気がい…

ヒーローとは何か? - ヒロステ感想

「僕のヒーローアカデミア The Ultra Stage」、略称ヒロステ、見てきました! のっけから人様のブログの引用で恐縮なんですが、わかる…!となったので引用させてください。 自分は勝手に2.5次元に上限をつけていたんだと、ここまでしかできないだろうと思っ…

つれづれに思うよしなしごとを

「母」という存在 母とこういうことをして…というツイートを見かけるたびに、ふんわりといいなぁという羨望がわく。物心つく前に両親が離婚し、父親側に引き取られた私には、母と何かした記憶はない。子供の頃は時々、「お母さん」が喉から手が出るほどほし…

ひとまず

悲伝への執着が取れなかった理由が、たぶん、これだなというのがわかったので (うっすら方向性としては気づいてたけど、けっこう意外な理由だった) 、これはdisにあたるかな~って記事だけ下げました。 こないだの記事で8割って書いたけど、案外書いてなかっ…

エーステ秋冬感想 & ぼく明日(荒牧x三森回) 感想

感想記事をあげたくてあげられなくて。気がつけばもう4月ですね。……早くない??どっかひと月飛ばしてない? エーステ秋冬 春夏をライビュで見てから楽しみにしていたエーステ。前評判通り最っ高の出来でした。今だからいうと初日見た時にいまいち「よかった…

好きになれない自分を肯定していく

昨日の記事でリンクをはったロスモワについての記事を読んで、自分の書いた記事なんですけど、「他の人と同じ感想を抱く必要もないのでは」というところにすごく慰められて。どこかで私は「悲伝をいい作品だと思えないのは私がおかしい、もしくは努力が足り…

悲伝を好きになれない理由 (vol2) (たぶん)

またひとつ発見があったのでメモです。 なんだかんだでこうして遊べることを考えたら悲伝優秀な気がしてきた。悲伝が駄目な理由、すっごいシンプルかもしれないと気づきました。「エゴの愛をアガペーの愛として扱われてるのが気持ち悪い」の派生みたいなもの…

池袋ウエストゲートパーク SONG&DANCE 1/4ソワレ 感想

下書きに放り込んだままになっているのに気づいたので、今更にあげてみます。 今年の1月ではなく、昨年1月上旬に観劇した感想です(笑)↓↓↓ざっくりでいいから早くあげてみよう企画第2弾。タイトルに日付入れると今日の感想ですって感じになって書きやすい気が…

悲伝のエゴとアガペーの話

悲伝がどんな作品であるかという評価にかかわらず、結局悲伝をいい作品だと思えない限りはしんどいんじゃないかと思って試行錯誤していて、発見があったのでメモ。エゴの愛として認識してる感想ブログをたまたま見かけて、「同志がいた…!」ってなってテンシ…

カクシンハン・スタジオ 第1期 修了公演「ロミオとジュリエット」

何気なくTLを眺めていたら、カクシンハンでロミオとジュリエット、当日券販売予定ということだったのでふらっと行ってきました。柱の後ろになるんですが…と言われ、どんな感じなのかなと思っていたら本当に柱の後ろだった(笑) 席ついた瞬間、思わず「な、な…

感想を書く、書かない

最近、感想を書くことへの興味が薄れてきた。 いや、書きたいという気持ちはある、けど、ブログに書く気があんまり起きない。書き残しておきたい思いはあるんだけど、外に出すことで何かがすり減るような感覚がしていて、evernote にほんの少しメモを残すだ…

悲伝への執着がなくなった理由

これが原因だったのかー!という落着点が見つかったから、なんですが、以下は悲伝が好きな人は注意。 これまでさんざん悲伝の批判記事を書いてきたんですけど、指摘してきたような欠点って、他の作品にもあるんですよね。でも別に気にならないし、仮に悲伝で…

感情が乗る/乗らない

末満作品には、私の感情が乗らない。 他にもあるのかもしれないけど、今のところは末満作品だけ、際立って乗らない。 そのことに初めて気がついたのは悲伝だった。この感覚を説明するには「感情が乗らない」という表現が一番しっくりくるのだけど、一般的な…

2019年の目標・推し事ルール的なもの

あけましておめでとうございます!昨年の振り返り記事まだ書けてないんですけど()、流行りには乗ってみる精神で今年の目標について。 〇オタ活ルール 我慢することを覚える、でも推しに関しては我慢しないオタ活に費やしてる費用が高すぎるので、減らしたい……

はじめてのプレゼント

どうせいっぱいもらうだろうしなぁというのもあるし、そもそも何をあげればいいかわからないというのがあり、これまで推しに対してプレゼントを贈ったことがありませんでした。クリスマスも誕生日も今回もスルーかな~と思っていたところにこちらの note が…

刀ステ新作に対してテンションがあがらない話[12/25追記]

2019年には新作やるだろうなとは思ってたので、発表聞いて思ったのは「でしょうね」だったんですけど*1、まったくテンションがあがらなくて、自分でびっくりしました。推しが出てるから悲伝に関してもできれば甘い評価をしたいんですが、メインストーリーが…

10月の観劇・イベント記録

ちゃんとした記事をあげようとするから記事が完成しないのでは…? ということで、数行ずつ感想書きつつ、振り返っていこうと思います。 下書き状態でちびちび書いてるうちにもう11月も終わってしまったけど気にしない!10/10-12, 21 音楽朗読劇「ヘブンズレ…